Sales Crowd

FAQ

アプローチリストをCSVで登録する方法を教えてください。

  1. 「アプローチリスト」にカーソルを合わせ、「アプローチリスト登録」を選択します。
  2. 「アプローチリスト」にカーソルを合わせ、「アプローチリスト登録」を選択します。
  3. 「CSVで登録」を選択します。
  4. あらかじめご用意頂いたCSVファイルをインポートします。
  5. 「ファイルを追加」をクリックするか、点線のエリアにCSVファイルをドラッグ&ドロップします。

  6. インポートされるとファイル名が表示されますので、ファイル名をクリックします。
  7. リスト名を入力します。
  8. ファイル名があらかじめ入力されています。
    各項目は、後から編集することが出来ます。

  9. 「不足項目をデータベースから補う」にチェックを入れると、企業名と住所が一致した情報に対して不足項目があれば補います。
  10. CSVファイルの先頭5行のみが表示されます。
  11. 「データ開始位置」は、実際のアプローチ先情報が入力されている行を選択します。
  12. タイトル行など不要な行を除きます。

  13. 「選択してください」の項目では、アプローチ先情報のタイトルを選択します。
  14. 「確認」をクリックすると、先程の入力の確認画面が表示されます。
  15. 問題が無ければ「アプローチリスト情報入力」をクリックします。
  16. アプローチリストの詳細情報を入力します。
  • リスト名:地域や業種などの管理しやすい名称を推奨しております。
  • リスト属性:アウトバウンドまたはインバウンドを選択できます。
  • リードにする:チェックを入れると、リード一覧に表示されます。
  • 商材選択:あらかじめ登録されてある場合、選択することが出来ます
  • 訪問担当者:アポイントを取得した際の訪問担当者を選択します。
  • 担当者:このリストの担当者を選択します。
  • ここでリストと担当者を紐付けておくことによって、その担当者のアカウントでログインした際に、
    「アプローチリスト一覧」に紐付いたリストが表示されるようになります。

  • アイドマ担当者:アイドマの担当者を選択します。
  • 在宅担当者:在宅担当者を選択します。
  • メール通知設定:上記で訪問担当者または担当者に登録した担当者に対してのメール通知設定が出来ます。資料送付、アポイント取得、商談の結果登録がされた場合にメールで通知するかどうか選択し、「選択する」をクリックします。
  • 呼び出し部署1~3:リストの呼び出し部署が決まっている場合は入力します。
  • 開始日:アプローチ開始日が決まっていれば選択します。
  • 台本/参考資料:あらかじめ登録してある台本と紐づけることが出来ます。ここで設定した台本は、架電時に見ることが出来ます。
13.「最終確認へ」をクリックすると、入力内容に誤りがないかどうか確認します。
14.「登録する」をクリックすると、リストの登録が完了し「アプローチリスト一覧」に遷移します。